楽天カードでクレジットカード現金化はできる

ネットショッピングを楽しむユーザー数は年々増えています。
なかでも、利便性の高い楽天スーパーポイントを貯めることができ、楽天市場でお得に買い物ができる楽天カード(クレジットカード)が人気取りしています。
年会費や発行する手数料も一切かからないことも理由でしょうし、クレジットカードの中でも審査が甘めなのも理由です。
この楽天カードを使ったクレジットカード現金化について少しご紹介したいと思います。

楽天カードは利用停止になりやすい?

楽天カードだけではなく、クレジットカード現金化は利用停止になりやすいといったリスクを耳にすることがあります。
しかし楽天カードに関しては、現金化目的でなくてもカードの利用停止をされてしまったという事例が報告されているようです。
なぜ楽天カードに関して利用停止という処分になるのでしょうか。
原因として考えられるのは、冒頭にも上げたように審査の甘さがあります。
楽天カードは誰でも作れるカードとして周知されており、他のカード会社の審査に落ちてしまった人でも作れることが広まっています。
しかし、こうした収入状況の安定していない人でも楽天カードで買い物ができることが危ないといわれています。
いわゆる、利用額が回収できないリスクを抑えるために利用停止の基準を高く設定していると考えられます。
ですから、クレジットカード現金化うんぬんではなく、何でもない買い物に楽天カードを使ったとしても、支払いができなければ、利用停止処分になる場合があるということです。

利用停止になりやすい行為

では、楽天カードを使ったクレジットカード現金化でカード利用停止になりやすい行為を見てみましょう。
第一に、支払いができないことになります。
利用は計画的に行いましょう。
また、ショッピング枠をギリギリまで使ってしまったり、ショッピング枠の限度額の引き上げ申請をしてしまうことも最終的に利用停止に陥りやすくなります。
楽天カードをはじめ、クレジットカード会社では利用規約によって現金化目的の買い物を禁止しています。
クレジットカードを使った現金化が利用停止になりやすいということを念頭に置くようにしましょう。

安全に楽天カードを現金化する方法

では、安全に楽天カードを現金化するにはどのような方法を取るのがよいでしょうか。
たとえば、買取方式を使わないことも挙げられます。
換金率の高い商品を売買する買取方式は、クレジットカード現金化としてもっとも利用率が高めです。
その情報はすでにカード会社の耳にも入っています。
監視の目がひかる現金化の手段です。
楽天カードで購入した場合、カードが利用停止にされてしまうことがありますから買取方式の利用はしない方が賢明です。
特にリスクが高まる商品は、amazonギフト券・新幹線の回数券などです。

キャッシュバック方式なら安全

換金率の高い商品を取引してしまうと、カード会社に疑われてしまいます。
それを避けるためにも楽天カードのクレジットカード現金化はキャッシュバック方式を利用しましょう。
キャッシュバック方式では、価値の低い商品を売買するので、カード会社から現金化目的だと思われにくくなります。
なので、楽天カードを使ったとしても安全に現金化ができます。
楽天カードでの現金化ではキャッシュバック方式を採用する業者がおすすめですし、あらぬ疑いがかけられた場合のカード会社への対応、アドバイスも教えてくれます。

まとめ

楽天カードは現金化目的で使うとカードが利用停止になるリスクもあります。
ですが、使い方をしっかり身につけていれば問題ありません。
そのために何をしてはいけないのかをチェックしておきましょう。