自分でクレジットカード現金化をすることってできるの?

クレジットカード現金化は、業者を通しておこなうこともできますが、自分ですることも可能です。
自分で行う時、業者側の利益がない分換金率が高くなることがメリットですが、商品の選定から買取までを必ず保証するものではないため、多少リスクが伴います。
それぞれどのような内容になっているのでしょうか。

クレジットカード現金化は自分ですることができる

クレジットカード現金化は自分ですることもできます。
業者を通しておこなうクレジットカード現金化は、キャッシュバック方式か商品買取方式になりますが、自分でするクレジットカード現金化は商品買取方式のみです。
業者を通してクレジットカード現金化をするときと同じように、カードのショッピング枠で商品を購入します。
購入したものを自分で売りに行って現金を手に入れる流れとなります。

自分で商品の選定、売りに行くことが必要

業者を通さないクレジットカード現金化は、商品の選定から売りに行くまで自分で行うことになります。
業者側の利益が発生しませんので換金率は高くなる傾向です。
そして、専門のショップやリサイクルショップなどを利用して、いかに高く売るかが換金率を上げる方法です。
より現金の扱いに近いギフト券や金券は、換金率が高い傾向にあり、換金目的の利用者を相手にしている業者もあります。
例えば、amazonギフト券買取ショップなどはその例ですが、amazonギフト券のEメールタイプなどは商品の買取から入金までをすぐにしてくれるため便利です。
流通も多く自分でも購入しやすい商品であり、売るときも高い換金率になりますので、失敗もしにくく扱いやすい商品とも言えます。
ギフト券ではなく、ブランド物や新幹線のチケット、電化製品も換金したら高く売れる商品です。
ただ購入から買取まで、手間と時間がかかることもあります。

失敗するリスクを伴う

クレジットカート現金化は自分でおこなうこともできますが、業者が商品の選定から買取までしてくれないことになりますので、失敗が伴うこともあります。
当然買った商品が売れないことはありますし、思ったような換金率にならないこともあります。
商品の選定から買取まで時間がかかることになったり、実際に店舗に出向くことになれば交通費もかかります。
クレジットカード現金化の業者を通せば、ある程度の換金率は保証されますので、最初から失敗したということもありません。
ただ業者を通す分必ず現金化業者の利益が発生するように手数料がかかっていたり、利用者側が損をすることもあります。
クレジットカード現金化を自分でするメリットは業者側の利益がなくなる分、換金率が高くなることですが、商品が思ったように買えない売れないリスクはある程度最初から頭に入れておいたほうが良くなります。

まとめ

クレジットカード現金化は自分ですること可能です。
現金化の方法は商品買取方式となります。
自分でするクレジットカード現金化をすると換金率は業者側の利益がなくなる分、高くなりますが、商品の選定、買取までの手間と時間がかかることもあります。
また必ず現金化できるという保証もなくなります。
換金率を優先するために自分ですることは有効ですが、全体失敗しないようにするためには、業者を通すことのほうが向いていることもあります。