仮想通貨はクレジットカード現金化できる?

近年話題になっているのが仮想通貨です。
実店舗でも買い物に使えるくらい利用者が急増しています。
仮想通貨とクレジットカード現金化、この異なる通貨が現金に変わることをご存知でしょうか?ビットコインやイーサリアムといった仮想通貨に投資する人がいながらも、現金化できることを知る人は少数です。
もちろん、仮想通貨を取引している一部ユーザーに限られますが、クレジットカード現金化するだけのメリットが沢山あります。

仮想通貨とは?

まずは、仮想通貨について理解しておきましょう。
仮想通貨は、その名の通りネット上で発行されるデジタル通貨です。
この通貨は世界中のどこでも使えます。
円やドルなどの法定通貨とは異なります。
日本では、仮想通貨といえばビットコインというイメージが強いですが、世界中で数百を超える仮想通貨が存在します。
日本発の国産通貨も生み出されています。
これら仮想通貨はネット上の取引所で口座を開設をすることで、個人も売買ができます。

クレジットカード現金化するメリットについて

クレジットカード現金化に仮想通貨を利用するメリットがあるなら、それは手間がかからないということです。
これまでの現金化は、商品を購入して、買取店に持ち込む手間がかかっていました。
また、宅配買取なら送るといった手間がかかります。
店舗に出向くにも車や電車を利用するでしょう。
そうした時間や手間がかかります。
仮想通貨を利用したクレジットカード現金化は、取引所の口座を開設すれば、すべてネット上で完結します。
仮想通貨をクレジットカードで購入し、出金手続きをするだけです。
自宅にいながらできてしまいます。
もちろん、仮想通貨なので通貨の種類を選ぶ時間は必要にはなりますが、人気高で様子見するのが良いでしょう。
移動費も必要ありません。

高換金率が期待できる

これまでのクレジットカード現金化の換金率相場は、70%から80%です。
悪質業者となるとさらに低い換金率になります。
しかし、仮想通貨の場合には90~95%以上です。
ちなみに、取引所での購入手数料(スプレッド)や出金手数料が引かれた後の換金率の相場です。
これだけ見ても、高換金率が期待できるのは仮想通貨になります。
なので、「何を買おうかな?」と悩むのなら、迷わず仮想通貨を購入するのが利得です。

通貨が値上がりする可能性

仮想通貨を保持している間、もしかしたら値上がりする可能性もあります。
クレジットカードで購入した金額に利益が上乗せされるとすれば、100%以上の換金率になる場合も無きにしもあらずです。
今すぐに現金化したいときにタイミング良く値上がりするとは断言できません。
中期的、長期的な方法にはなります。
タイミングよくいかないかもしれませんが、仮想通貨の値動きを見ながら換金のタイミングを計れるのもメリットでしょう。

まとめ

クレジットカード現金化は商品次第で換金率の高さ、低さにつながります。
そこで最近注目度の高い仮想通貨を購入してみるのがおすすめです。
仮想通貨は世界規模で利用されています。
需要と供給のバランスも良いので、失敗しにくいといわれています。
まずは、口座を開設するところから始めてみましょう。